JR東海50+コラボ企画 「G7 2016 伊勢志摩サミット」ゆかりの地と「絵かきの町 大王町」を描く旅

写生教室 JR東海50+コラボ企画 「G7 2016 伊勢志摩サミット」ゆかりの地と「絵かきの町 大王町」を描く旅

「G7 2016伊勢志摩サミット」のゆかりの地である、ミキモト真珠島と伊勢神宮、更に、平成8年に「絵かきの町」を宣言した志摩市大王町を訪れます。世界のリーダーと近代日本画の巨匠が訪れた場所で、スケッチをしてみてはいかがでしょうか?

開催日時

10月1日(日)~3日(火)(2泊3日)

開催場所

三重県

募集人数

40名(催行20名)

参加費用

※88,000円(参加費は目安です)

講師名

押川 治

申込締切日

9月中旬(予定)

備考

現地集合、現地解散

講師プロフィ-ル

押山 治 先生(日本画・水彩画教室講師)
1961年神奈川県生まれ。1987年東京藝術大学日本画科専攻卒業。卒業制作《流》は台東区長賞受賞。1989年東京藝術大学大学院日本画科専攻修了。1990年レスポワール新人選抜展(銀座スルガ台画廊)。1993年院展初入選。1998年個展(銀座・かわべ美術)。1999年日本美術院院友推挙。2000~06年清風会展、2009・2011・2013・2015年個展(銀座スルガ台画廊)。現在、日本美術院院友。
oshiyama.jpg
押山 治
「アラン島の家」